清瀬市、東村山市、小平市を中心に診療所、歯科、介護事業を展開してる生協です。

東京都清瀬市上清戸2-1-41

042-493-6129

平日9時~16時/土曜9時~12時

たくさんのつながりで たくさんの仲間づくり

報告

組織強化月間でたくさんの気づき


10〜11月の2か月にわたり取り組んだ組織拡大強化月間が終了しました。西都 保健生協では600人のなかまをこの1年間で増やそうという目標で活動しています。そのうち月間中に80%の480人に到達することを目標に取り組み、155人の加入があり、4月からの累計は236人に到達しました。

楽しい西都を経験してもらう中で
 今年もはつらつ体操や中国体操、吹き矢班や縫い物、絵手紙など様々な趣味の班で仲間が増えています。また健康チェックなどの場で西都の健康づくりに関心をもった方も仲間になりました。
健康チャレンジを職場の仲間や友人に紹介し、一緒に参加するなかで楽しい健康づくりに興味を抱いた方々が仲間になりました。

地域訪問の中で
 利用者訪問や敬老訪問では多くの気づきがありました。足が悪い方や要介護の方で「診療所まで通うのが大変」という話もいくつかあり、生協としての対策を必要と感じたり、「健康だが独居で何かあったときに相談するところがなく不安」とおっしゃる方には、連絡先を教えて一人暮らしの食事会にお誘いしたりしています。
「所長の手紙を読んで、加入したいけどどこに申込書を出せばいいのかと思っていたの」と訪問を待っている方もいました。また送られてきた資料を読んで自分から窓口に申込書を持参してくれる方も大勢いました。

組合員さんは元気!
 健康ウォーク交流集会で自身の健康に関するアンケートを行いました。健康って何?という問いに「心も体も充実していること」「意欲を持って出来る体と心の充実」などの回答が並びます。からだだけでなく心の健康こそ大事だと。
さらに健康状態の設問では「おおいに健康」「まあまあ健康」と答えた人は77%。平均年齢75歳を超える組合員さんたちは「私の健康に自信が持てる!」と答えています。それが西都保健生協の魅力の一つ、健康づくりの成果でしょう。

大腸がん学習&チェック班会の中で
 月間は終わりましたがなかま増やしの活動は継続中です。1〜3月は大腸がん学習&チェック班会月間です。
大腸がん(便潜血)チェックは自分で自分の身体の状況を直接知ることができる生協ならではの健康チェックです。ご近所さんや友だちなど参加者を広げて、さらになかま増やしを広げていきましょう。
月間に先駆け12月3日に27名の参加で大腸がん学習&チェック班会の実践研修を行いました。
清瀬診療所の髙江洲看護師長が講演。よくある感染症の症状と予防についてお話ししてくれました。参加者からは「テレビなどで感染症の話を聞いても聞き流していたが、これを機にできる対策をしていきたい」「紹介された感染対策カレンダーを班会の学習会で使いたい」などの積極的な声が寄せられました。