清瀬市、東村山市、小平市を中心に診療所、歯科、介護事業を展開してる生協です。

東京都清瀬市上清戸2-1-41

042-493-6129

平日9時~16時/土曜9時~12時

あの日のことは忘れない 油彩画展に感想次々

お知らせ

3・11東日本大震災 福島原発事故から8年

小平・みその診ギャラリーにて

3・11東日本大震災・福島原発事故から8年。被災地の復興に思いをはせるとともに、震災・原発事故の教訓を今に生かすことが大事です。みその診療所(小平市)で開かれている「忘れない」というテーマの油彩展に寄せられた感想を紹介します。


「忘れない」展は新座市在住のT・Mさん(76歳)の大作がズラリと展示されています。この絵を見た方から感想がたくさん寄せられています。

その時の叫びや…
「素晴らしい作品を鑑賞させていただき感動しました。福島の震災・原発事故の迫真せまる描写に、その時の叫びや音が聞こえる感じで心にどすんと響きました。とても尊く祈る思いで鑑賞させていただきました」(T・Sさん、小平市・女性)

許せない安倍発言
「原発・福島のこと、Mさんの表現に同感です。2017年、私も被災地に行き安倍政権の〝コントロールされている〞発言、再稼働、原発セールスマン、すべてが許されないと思い続けています。反対の意志をずっと続けていきたいという思いです。その点Mさんは〝忘れない〞という思いで絵を描き続けておられることに敬意を表します。環境問題も人間だけの地球ではありません」(S・Kさん、小平市・73歳・女性)

記憶にとどめ…
「小生も2011年の夏にあちこちの津波被災地を見て回り目に焼き付けてきました。うず高く積み上げられたガレキの山、陸に押し上げられたままの船。沢山の犠牲者を出して破壊されたままの市役所…。建物を残さないケースはせめてこのように絵とかに残して記憶にとどめたい」(Y・Kさん、武蔵野市・74歳・男性)

若い人たちにも…
「Mさんの絵は、その人柄と志がよく理解できる逸品です。〝忘れない〞シリーズは過去の出来事をすぐに忘れてしまう日本人への戒めであると思います。私自身も震災の年に釡石市といわき市を訪問し、大変な衝撃を受けました。個人的には原発は存続すべきと考えておりますが、震災のことは忘れることなく、若い人たちに伝えていかなければならないと思います。〝忘れない〞シリーズはその意味で重要な作品です」(K・Iさん、練馬区・59歳・男性)

素敵な感想をありがとうございました。