清瀬市、東村山市、小平市を中心に診療所、歯科、介護事業を展開してる生協です。

東京都清瀬市上清戸2-1-41

042-493-6129

平日9時~16時/土曜9時~12時

迎春「災」転じ「福」を呼ぶ そんな年にしよう!

お知らせ

2019年 年頭に

 昨年は西日本豪雨、北海道胆振沖地震、草津白根山噴火に加え大型の台風の当たり年でした。さらに財務省による組織的な公文書の改ざんと廃棄、森友・加計学園の疑惑も解明されず国会が機能不全の状態です。こうした天災・人災を今年は市民のチカラで乗り越え、笑顔はじける年にしたいものです。

2018年を思い返せば…
 2019年新しい年になりました。
新しい年は、胸を躍らせ、抱負を持って歩み出したいものです。
しかし、昨年の世相を反映した漢字一文字は「災」で、納得できる表現だと思い、新しい年になったからと変わるものではないなぁと思いながら、新年のごあいさつを書いています。
私がお世話になっている月極駐車場ですが、20数台の車に今年は1台も「正月飾り」が付けられていませんでした。私も数年前から付けていませんが、昨年まではほとんどの車に付けられていました。
読売新聞1月5日付の「編集手帳」に「先行き不安でうつむき加減の日本人…」の文言がありました。読売新聞ですらこう書かざるをえない世相が車飾りゼロとして映し出されているなぁと思いました。

生協の職員と組合員 地域の力で変えていきましょう
 こんな状況を生み出しているのが安倍晋三政権です。日本国民にとっての「災」は安倍政権です。今年も9条改憲、消費税10%への増税、社会保障費削減、防衛費増大(アメリカ追従)、富裕層優遇経済をウソとごまかしで進めようとしています。
社会保障費削減の影響や人手不足での経営への困難はありますが、医療介護福祉分野で地域に密着して活動する西都保健生活協同組合は、職員のみなさんの知恵と努力で予算達成へ、支部運営委員さん、「きずな」配達員さんをはじめ組合員さんの強い思いと協力で発展維持しています。
2019年は一斉地方選挙と参議院選挙があります。「災」の元凶〝安倍政治サヨナラ〞の年にし、人が人として尊重され明るい新しい日本への道を開く年にしましょう。①消費税10%中止、②「戦争する国づくり」を許さない、③沖縄への連帯、④「原発ゼロの日本」の声を広げましょう。

髙田 豊