清瀬市、東村山市、小平市を中心に診療所、歯科、介護事業を展開してる生協です。

東京都清瀬市上清戸2-1-41

042-493-6129

平日9時~16時/土曜9時~12時

組合員活動のご紹介

組合員になると

はじめに

保健生協(医療生協)とは地域住民が、それぞれの健康・医療・介護とくらしにかかわる問題をもちよって組織をつくり、医療機関をもち、運営する組織です。
そして、それらの活動を通して、その医療機関に働く役職員・医師達をはじめとした医療専門家の専門性を活かして、問題解決のため運動する、生協法に基づく住民の自主的組織です。

保健生協(医療生協)の4つの特徴

  1. 健康な人々が多数を占める医療団体
  2. 予防・保健・健康づくりとそれを保障する制度の充実を重視する。
  3. 住民の参加を保障する民主的な医療機関を持っている。
  4. 組合員が主権者として活動する場としての班を組織している。

よくあるご質問

加入するには?

保健生協(医療生協)には、誰でも加入することができます。「丈夫で長生きしたい」「いざというとき安心したい」という要求や願いは誰もがもっています。それを実現するために、みんなの知恵と力とこころを寄せ合って努力します。
保健生協(医療生協)に加入するには、生協が病院・診療所などの事業所を運営するのに必要な出資金をだし、組合員としてみんなと一緒に活動をするという「こころ」をもっていれば大丈夫です。
出資金(詳細を後述)は、病院・診療所といった施設の拡充などに充てられます。そして、出資証・組合員証を受け取ります。病院・診療所を利用する時は、この組合員証を提示して利用します。また、保健生協(医療生協)へは、例えば、○○商店とか○○株式会社など団体や組織で加入することはできません。1人の個人として加入します。

出資金ってなに?

どの団体でも、加入する時、入会金を支払います。生協に加入する時は、「出資金」を支払います。生協法では、「組合員は出資一口以上を有しなければならない」と出資は組合員の義務としています。
出資金は入会金のようなものでしょうか。生協が他のサークルや住民団体と違う点は、事業活動を行っているということです。保健生協(医療生協)の事業は病院診療所などをつくり、組合員が利用します。この事業活動をおこなうための「元手(もとで)」が出資金です。出資金は、安心して利用できる組合員のための事業所運営のために、その施設の建設や拡大、医療機器の充実にと活用されます。
生協の出資金に似ているものに株式会社の株があります。株は、買った株に対する配当を期待して投資します。しかし、生協の出資金は配当を期待して購入することではありません。生協が行っている事業の利用と施設の拡充をするために、出資するものです。「健康な生活を送りたい」という願いを集めることが出資金をふやす取り組みです。1人5万円以上を目標に呼びかけています。
また、出資金は生協を脱退する時には全額返済されます。

加入・脱退の手続きは?

生協は、加入や脱退の自由を「生協法」という法律で定めています。 生協の定款で定めた地域に住んでいる人か、職場を持っている人ならば誰でも加入することができます。加入したら、その家族も病院や診療所などの事業所を利用できます。
脱退も本人の意思で自由にできます。しかし、脱退の場合、出資金の返済が必要ですので、90日の予告期間をもって、年度末(多くは3月)に脱退できると生協法で定めています。
もし、脱退の申し出を受けたときには、生協の本部で必要な手続きをして下さい。

班会ってなに?

「班」は、ご近所の組合員や親しい仲間の組合員が数人以上集まる場のことです。気軽に集まって班会を開きます。

班会でやること
  1. 健康チェック(尿チェックや血圧チェックなど)の方法を学び、生活などの見直し等を励ましあって取り組みます。
  2. 病気の話や予防の話を病院・診療所の職員から聞いたりアドバイスを受けたりできます。
  3. 保健生協(医療生協)の運営のこと(苦情を持ち寄ったりします)。
  4. ハイキングやお月見など楽しい行事に参加します。
  5. 時にはお月見だとかでちょっとしたご馳走を食べたりします。

ほかにもたくさんの「班会メニュー」「健康チェック」や自由に話し合う茶話会などが用意されています。
これらのとりくみを通じて交流したり、くらしの知恵を持ち寄ったりして、日頃少なくなってきている人々のむすびつき・くらしの協同を取り戻す場となっています。

保健生協(医療生協)に加入したらどうなるの?

地域の人々が健康・医療・介護とくらしにかかわる要求を持ち寄り、その実現や解決のために…

  1. 班や支部などをつくって活動します。班会や支部で健康まつり等の様々な行事や保健大学などにとりくんでいます。またボランティア活動やサークル活動などにも積極的に参加しましょう。
  2. 病院・診療所などをもち、運営し、医療従事者と患者・住民・組合員の双方が納得のいく医療の実現をめざします。
  3. 医師や看護師などの医療従事者と協同します。医療従事者と患者が民主的な関係で予防や治療にとりくみます。
    患者の権利章典を実践しています。
  4. 生協法という法律にもとづいて運営されています。生協法では、生協の目的、事業内容、組合員、出資金、生協の運営について決められています。この法律に基づく運営がなされています。生協は、だれかから強制して参加するのではなく、自分の意思で参加する自主的な組織です。